日頃の仕事での疲れやプレッシャーなどから解放させてくれるのはやはり家族です。

 

その中でも1歳になったばかりの息子の笑顔には本当に癒されます。中小企業の経営者として日々頑張った自分へのご褒美は休みの日に一緒に入るお風呂タイムと、芝生のある公園で一緒に遊ぶ「時間」です。

 

何もかも忘れ、無心で子供と遊ぶ事で自分も子供になっている気がします。周りの人から見たら子供みたいな親と言われるかもしれないですが、息子と自分の大事な時間ですから、周りの評価なんて関係なしです。

 

妻も羨む関係が息子との間には構築できている!という実感もあったりして充実の休日を満喫しています。40過ぎてからの一人息子ですから可愛いのですが、お玩具を買い与える事よりも共有の時間をしっかり作る事を大切にしています。

 

子供を見ていると、自分がもっと襟を正さなきゃと思う時間でもあるし、健康にも気を遣う事が大切だと感じる時間でもあります。物に対しての幸せよりも一緒にいる時間に対しての幸せは価値が高いですね。

 

勿論物欲もあり、旅行したいなど願望もありますが、時間は無限ではないので、この事をしっかりと考えてこれからも息子との時間を大切にしていきたいですね。息子と出会うまでの私はネット三昧のぐうたら男でした。家にいるときはもちろん、外出している時もポケットwi-fiを使って常にtwitterをやったりしていました。
その頃から比べると、今は本当に充実しています。